REIT逆行高

株式市場の大幅安に逆行し、東証REIT指数は小幅に3連騰。平均5%台の分配金利回りと金融緩和局面が下支えとなり、REIT指数900近辺でサポートされている。年初来騰落率もゼロで日経平均がマイナス17%、TOPIXがマイナス12%となっているのに対し底堅い。リーマンショック以降、信用力や財務面の強化が進んでいる点や需給面でも売りたい先が一巡している事も大きい。株式市場がPBR1倍割れ(NK8700円)になれば、REITにも新たな売りが出ると思われるが、むしろファンダメンタル面から絶好の買い場で、不安はない。
今後REITの強さが評価され見直されて来ると思う。明日の日経朝刊で早速記事になるかも。

8月末のオフィス空室率が7月に続いて改善し、高止まりから下落傾向が見えてくると、一気にオフィス上位銘柄に資金が流れる可能性があり、今、仕込いのチャンスと思う。リスクを取りたくない場合はR指数を買っても相当の成果が上がると思いますが、どうなりますか、こちらも楽しめます。

【東証REIT指数】
8月31日 906.27 前日比+1.56 (+0.2%) 25MA 908.11 同乖離 -0.2% 年初来騰落率0.0%


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック