東証REIT用途別指数

東証では上場REIT銘柄に関し、「住宅」、「オフィス」、「商業・物流等」の3つに分類し用途別指数を6月より公表しているが、13日よりリアルタイムで情報ベンダー等に配信開始。

14日の日経朝刊まちかどで取り上げられていた。『13日のオフィス指数は957と2月末比4.3%下落。一方住宅指数は10%以上値上がりしている。「人気がオフィスから住宅系に移るきっかけになる」(みずほ証券石沢氏)との指摘がある。』

東証HPには、10日までがエクセルの表に載っていた。
"東証REIT
オフィス指数" 2010/9/10 956.51 2010/2/26 1,000
"東証REIT
住宅指数" 2010/9/10 1,096.40 2010/2/26 1,000
"東証REIT
商業・物流等指数" 2010/9/10 1,071.66 2010/2/26 1,000


東証HPより
東証REIT用途別指数シリーズ”のリアルタイム配信開始のお知らせ

当取引所は、本年6月21日から、不動産投信(REIT)の投資物件の用途に着目した新指数“東証REIT用途別指数シリーズ”を算出・公表しておりますが、6月18日にご案内のとおり、本日から、当取引所の相場報道システムを通じたリアルタイム配信(15秒間隔)を開始いたしました。

東証REIT用途別指数シリーズは、各REITが保有する物件の用途に着目し、「東証REITオフィス指数」、「東証REIT住宅指数」、「東証REIT商業・物流等指数」の3指数により構成されており、東証REIT市場のセグメント別の動向分析のほか、本指数を利用したETFなどの投資対象としての利用も期待されます。



東証REIT用途区分の定期見直しは毎年1回(7月)に実施します。

オフィス
クレッシェンド投資法人
森ヒルズリート投資法人
グローバル・ワン不動産投資法人
ジャパンリアルエステイト投資法人
森トラスト総合リート投資法人
トップリート投資法人
MIDリート投資法人
日本ビルファンド投資法人
フロンティア不動産投資法人
野村不動産オフィスファンド投資法人
ケネディクス不動産投資法人
ジャパン・オフィス投資法人
オリックス不動産投資法人
ジャパンエクセレント投資法人
東急リアル・エステート投資法人
大和証券オフィス投資法人
プレミア投資法人
日本プライムリアルティ投資法人

住宅
ジャパン・シングルレジデンス投資法人
アドバンス・レジデンス投資法人
日本アコモデーションファンド投資法人
ビ・ライフ投資法人
FCレジデンシャル投資法人
積水ハウス・SI投資法人
野村不動産レジデンシャル投資法人
インヴィンシブル投資法人
日本賃貸住宅投資法人

商業・物流等
日本ホテルファンド投資法人
日本ロジスティクスファンド投資法人
日本リテールファンド投資法人
産業ファンド投資法人
阪急リート投資法人
ジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人
日本コマーシャル投資法人
ユナイテッド・アーバン投資法人
福岡リート投資法人



※全部で36銘柄。スターツプロシードは入っていない。
2010年7月30日現在
http://www.tse.or.jp/market/topix/data/b7gje6000000q1sl-att/b7gje6000000ryms.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック