様子見

東証REIT指数は10ポイント超下げるが、イベント前で様子見が続く。 ケネディクス・レジデンシャルが新規上場するが、盛上りに欠け、営業努力があっても 発行価格19万円を一度も上回ることなく、181,000円で引ける。 ★ケネディクス・レジデンシャル投資法人(3278) 2012/04/26 181,000 始値 18…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

レンジ内

小反発するが、引き続きレンジ内の動き。ジャパンホテルリートが24日の運用状況予想 公表をうけ急進する。 ○東証REIT指数 975.22 前日比 +4.02 +0.41% 売買高 49546口 売買代金 98.7億円 ○TOPIX 終値 809.49 前日比 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様子見

27日の日銀金融政策決定会合前で先取りの動きも終わり、様子見でレンジ内の動き。 ●東証REIT指数 971.20 前日比 -5.13 -0.53% 売買高 34742口 売買代金 95.2億円 ●TOPIX 終値 803.94 前日比 -5.60 (-0.69%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本リテールファンド保有物件「G DINING札幌」4テナントがミシュランガイドで紹介

日本リテールファンドが札幌に保有する物件「G DINING札幌」の4テナントが『ミシュランガイド北海道2012特別版』で紹介され、そのうち「温味(ぬくみ)」が最高位の三つ星を獲得しております。関連性は不明ですが、10日以降投資口価格も順調に推移しています。 ★日本リテールファンドのHPより引用 http://www.jrf-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反落

先週末の流れを引き継ぎ、高く始まるが、警戒感も台頭し軟調に転じ結局小反落となる。 4/23 ●東証REIT指数 976.33 前日比 -5.72 -0.58% 売買高 33,637口 売買代金 85.6億円 ●TOPIX 終値 809.54 前日比 -2.40 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆行高

20日は株式の下げに対し逆行高となる。背景に27日の日銀金融政策決定会合での追加緩和策実施への期待があるか。 REITの大幅な買入れ枠拡大には5%ルールの改正が必要になるため、簡単でないと思うが、資金供給などさらなる緩和策により低金利の長期化が再確認されれば不動産関連には買いが向かいそう。週初は先取りで上げると見るが、後半は空振りの反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急反発

NY高の流れを受けて急反発となる。ただ、出来高からは東証REIT指数が1000をブレイクしていく再上昇につながる強さは感じられない。 4月18日 〇東証REIT指数 974.74 前日比 +16.88 +1.76% 売買高 34,903口 売買代金 83.1億円 〇TOPIX 終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買い手控え続く

買い手控えムードが続く。東証REIT指数は、後場売りを吸収できず下げる。前日と逆で、株式の方がREITより下値抵抗力を発揮する形となる。東証REIT指数はこのあたりで、踏ん張ってもらわないとテクニカル的に崩れてくるが・・・。今月の決算発表銘柄も分配金は底堅く推移しているようなので、先高期待は継続している。 4月17日 ●東証RE…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

横ばい

様子見ムードで盛り上がりに欠ける。後場高く始まるがすぐに弱くなる。東証REIT指数は引けにかけて下げ幅縮小し、ほぼ横ばいまで戻す。日銀の買いは株式のみで、比較的底堅さが発揮されているか。 4/16 ●東証REIT指数 966.81 前日比 -1.32 -0.14% 売買高 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

反発

海外株上昇、北朝鮮問題通過で反発となるが、自律反発の域を出ない印象。週明けも米市場の動き次第か。 4/13 ○東証REIT指数 968.13 前日比 +9.71 +1.01% 売買高 28719口 売買代金 62.7億円 ○TOPIX 終値 815.48 前日比 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀の買いも8ポイント安

NY大幅安からギャップダウンスタート。型どおり日銀の買い17億円が入り後場下げ幅が縮小するが、再び売り優勢となり東証REIT指数は8ポイント超安くなる。日銀の買い入れは累計で766億円で、予算1100億円(12月まで)の残りは334億円。NYの上昇から12日はどこまで反発できるかだが、大きな期待はできそうにない雰囲気。 4/11 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調整継続

見送り気分の中、後場弱くなるが、引けに買い上げられ東証REIT指数は、前日比プラス圏で終える。NYも続落なので、調整が継続か。 ○東証REIT指数 972.13 前日比 +1.96 (+0.20%) 売買高 29,731口 売買代金 73.4 億円 ●TOPIX 終値 813.4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀買いで下げ限定

ギャップダウンで始まる。定石通り後場寄りから日銀買い(17億円)で大幅反発となるが、14時過ぎから再び売り優勢となり、結局5ポイント超下げる。株式にもETF買いが入るが、インパクトが大きい分REITの方が下げ幅が限定される形。今晩のNYが1%程度の下げで収まれば日本は反発する可能性十分と見ますが・・・。 ●東証REIT指数 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反発だが

 週末6日は、株式の下げに対し、東証REIT指数は逆行高となる。背景に出遅れ感や割安感があると思われるが、市場予想を下回る米雇用統計、米休場から、週初はリスクオフの影響は避けられないか。 NHK【米就業者数 増加は予想大幅に下回る】 4月6日 22時30分 アメリカの先月の失業率は、前の月から僅かに改善し、8.2%となったもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大幅安

海外安から調整ムードが継続、前日に続き東証REIT指数は大幅下落となる。2月中旬から上昇してきたので、調整があって不思議ないが、950はキープしてもらいたいところだが・・・。 4/5 ●東証REIT指数 968.18 前日比 -13.21 ( -1.35%) 売買高 44858口 売買代金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東証REIT指数1000大台のせ

新営業年度初日、東証REIT指数は寄付きからじりじり上げ、終値は1004ポイントと高値引けとなる。 日本経済新聞4月3日朝刊 マーケット総合 REIT指数1000回復 昨年8月以来 金融緩和追い風に 地価底入れも期待 上場不動産投資信託(REIT)全体の値動きを示す東証REIT指数が2日、終値ベースで約8ヵ月ぶりに100…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「震災当日越えは6銘柄どまり」REITウォッチ(日経)

日経によると震災当日を基準にすると日経平均株価に比べ、東証REIT指数の戻りが鈍いことを指摘している。 その中でも、森ヒルズや産業ファンドなど分配金を成長させている銘柄には買いがはいっており、今後も物件取得ができる資金力の有無や取得した物件の収益力が銘柄選別のポイントになるという内容でした。 日本経済新聞2012年3月30日夕刊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

REITの新規上場(日経)

4月26日にケネディクス・レジデンシャル投資法人が実質約5年ぶりに上場することが東証から公表されたが、さらに2012年に上場を計画しているREITについて3月30日日経朝刊で報道された。 それによりますと、上場を計画している主な企業として下記があげられています。 企業名/投資対象/上場時期/公募などによる調達額/上場時の資産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more