テーマ:株式

停滞

先行き不透明感強く、見送りが続く。東証REIT指数は何とか900ポイント台を維持。 ●東証REIT指数 902.96 前日比 -0.78 -0.09% 売買高 33,196口 売買代金 61.8億円 ○TOPIX 終値 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

下値模索

引き続き、欧州問題など先行き不透明感強く、東証REIT指数は10ポイント超の大幅下落。900ポイント付近まで下げる。 ● 東証REIT指数 903.74 前日比 -10.20 -1.12% 売買高 32134口 売買代金 69.2億円 ● TOPIX 721.57 前日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小動き

警戒感続き小動き。停滞。 Jリート view 「国内REIT市場。これからの注目材料、不安要素とは」 みずほ証券 石澤アナリスト 掲載日:2012年5月10日 http://reit.tse.or.jp/ ●東証REIT指数 913.94 前日比 -1.94 -0.21% 売買高 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横ばい

後場寄りに反発する場面もあったが、その後東証REIT指数は上げ幅を縮小し、結局、前日比ほぼ変わらずの水準で終える。 5.21 ○東証REIT指数 915.88 前日比 +0.03 +0.00% 売買高 24,625口 売買代金 49.4億円 ●TOPIX 終値 725.1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不安心理高まり大幅安

18日のJREIT市場はギリシャ、欧州債務問題への警戒感が高まり大幅安となる。5月第3週で3回目となる日銀の買い23億円が入るが東証REIT指数は1.5%超、下げる。 5.18 ●東証REIT指数 915.85 前日比 -14.46 (-1.55%) 売買高 43,865口 売買代金 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リバウンド

最近の下げに対するリバウンドで、東証REIT指数は7ポイント上昇。 6月17日のギリシャ再選挙まで、レンジ相場が継続するか、仕掛け的動きがでるか。 東証REIT指数の日足を見ると、GW明け7日にできた960ポイント上にできた窓を埋めたい形。その前にまず14日の936ポイントを抜き16日の923をレンジ下限にしたいところ。明日は週…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

連日の日銀買い23億円

前日に続いて日銀の買い23億円が入るが、売り優勢は変わらず東証REIT指数は9ポイント超下げる。海外の動きが落ち着くまでは、一過性のリバウンドはあっても反転上昇は難しい。 ●東証REIT指数 923.30 前日比 -9.18 (-0.98%) 売買高 42,252口 売買代金 92.7億円 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「6月末までに1050へ上昇」(日経)

★先週木曜日掲載の日経記事だが、現状は欧州問題の先行き不透明感がやや増して弱気になっているが、解決に向けた政治的アクションがあれば、この記事にあるようにNAV倍率1倍へ向けて十分反転可能と思うが・・・。ギリシャのユーロ圏離脱が現実味を帯びてくると、一段のショック安は覚悟せざるを得ないか。 日本経済新聞5月10日夕刊 先読みEYE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀23億円の買い

前場の下げで後場、日銀が出動。5月7日と同じく23億円の買い支えが入り、東証REIT指数は下げ幅を縮小、 約4ポイントの下げとなる。外部環境次第の相場はしばらく続くか。 5・15 ●東証REIT指数 932.48 前日比 -3.99 (-0.43%) 売買高 45…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見送り

欧州問題の不透明感、ギリシャの混迷深まりリスクオフ。見送り継続。東証REIT指数は月初より3.5%下落した水準にあるが、目先は海外問題の影響を避けることは難しいか。 5月01日東証REIT指数970.58(100) 、 TOPIX789.49(100) 5月14日東証REIT指数936.47(96.5)、 TOPIX756.6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大幅安

欧州問題の不透明感が続き、調整が継続。東証REIT指数も大幅安となり、950ポイントを大きく下回る。短期のリバウンド狙いの資金も引き上げられたか。 5・11 ● 東証REIT指数 935.42 前日比 -13.95 (-1.47%) 売買高 32617口 売買代金 76.7億円 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスクオフ続く

リスクオフの流れが継続、東証REIT指数も下落。森トラストが安い。 5・10 ●東証REIT指数 949.37 前日比 -8.01 -0.84% 売買高 40418口 売買代金 91.4億円 ●TOPIX 終値 765.42 前日比 -0.41 (-0.05%) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆新規上場 「アクティビア・プロパティーズ投資法人 投資証券 (3279)」

本年2つ目の新規上場REIT銘柄として「アクティビア・プロパティーズ投資法人」が東証から承認、公表された。 1つ目のケネディクス・レジデンシャルは、あまりに小粒すぎるなど、はじめから市場の活性化は期待できないものだった。 今回は、東急不動産がスポンサーの都市型商業施設と東京オフィスを2本柱とする資産規模約1700億円の中規模REIT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小反発

前日と逆に、株式の大幅安に対しREIT反発となる。日銀の買いはETFで、REITには入っていない。 東証REIT指数950で5.4%超の利回りがあり、分配金予想も安定している。現状、スプレッド4%超えの割安水準にあるので、下値は限定的とみる。株先の投機的影響には振り回されないようにしたい。 ★ムーディーズがオフィス専業、主力の4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産業ファンド買われる

東証REIT指数は反発できず下げるが、終値では節目となる950ポイントをキープ。 日経夕刊1面トップで「大型物流施設 フル活動」と報じられ、産業ファンドが買われる。 大型物流施設 フル稼働  ネット通販拠点に活用  大都市周辺の大型物流施設がフル稼働の状態だ。3月末の空室率は首都圏で7年ぶりの低水準となり、近畿圏では募集物件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスク回避

NY安に欧州政局不安が重なり、東証REIT指数も大幅安となる。株式に比べると下落幅は小さいが、ほぼ全面安となる。ただレンジの下限はキープされており、チャート上は崩れていない。 5・7 ●東証REIT指数 956.94 前日比 -15.46 -1.59% 売買高 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

底固く推移(1~2日)

1日は株式が円高警戒と先物主導の売り仕掛けで大幅安となるが、REITは日銀の追加緩和を好感し比較的堅調。 2日は連休直前で、米雇用統計などを控え様子見。東証REIT指数は値を保つ。 GW明けはNYの大幅安で弱くスタートせざるを得ない。REITの独自性がどこまで発揮されるか。 <5月2日> ○東証REIT指数 972…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

REIT買い入れ増額で上昇(27日)

 27日の日銀金融政策決定会合で追加緩和が決定。 長期国債やETFと並んでREITも100億円買入れ枠が拡大されることが伝わり、東証REIT指数は、円高の影響により株式が下げるのに対し、小幅ながら上昇する。  すでに766億円買い入れが行われているが、この100億円を含めて残り434億円が13年6月までに買い入れられると見られ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様子見

東証REIT指数は10ポイント超下げるが、イベント前で様子見が続く。 ケネディクス・レジデンシャルが新規上場するが、盛上りに欠け、営業努力があっても 発行価格19万円を一度も上回ることなく、181,000円で引ける。 ★ケネディクス・レジデンシャル投資法人(3278) 2012/04/26 181,000 始値 18…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

レンジ内

小反発するが、引き続きレンジ内の動き。ジャパンホテルリートが24日の運用状況予想 公表をうけ急進する。 ○東証REIT指数 975.22 前日比 +4.02 +0.41% 売買高 49546口 売買代金 98.7億円 ○TOPIX 終値 809.49 前日比 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様子見

27日の日銀金融政策決定会合前で先取りの動きも終わり、様子見でレンジ内の動き。 ●東証REIT指数 971.20 前日比 -5.13 -0.53% 売買高 34742口 売買代金 95.2億円 ●TOPIX 終値 803.94 前日比 -5.60 (-0.69%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本リテールファンド保有物件「G DINING札幌」4テナントがミシュランガイドで紹介

日本リテールファンドが札幌に保有する物件「G DINING札幌」の4テナントが『ミシュランガイド北海道2012特別版』で紹介され、そのうち「温味(ぬくみ)」が最高位の三つ星を獲得しております。関連性は不明ですが、10日以降投資口価格も順調に推移しています。 ★日本リテールファンドのHPより引用 http://www.jrf-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反落

先週末の流れを引き継ぎ、高く始まるが、警戒感も台頭し軟調に転じ結局小反落となる。 4/23 ●東証REIT指数 976.33 前日比 -5.72 -0.58% 売買高 33,637口 売買代金 85.6億円 ●TOPIX 終値 809.54 前日比 -2.40 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆行高

20日は株式の下げに対し逆行高となる。背景に27日の日銀金融政策決定会合での追加緩和策実施への期待があるか。 REITの大幅な買入れ枠拡大には5%ルールの改正が必要になるため、簡単でないと思うが、資金供給などさらなる緩和策により低金利の長期化が再確認されれば不動産関連には買いが向かいそう。週初は先取りで上げると見るが、後半は空振りの反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後場下げる

続伸スタートとなり指数は一時980ポイント台に乗せたが、後場、買いが続かず下げる。 4/19 ●東証REIT指数 971.82 前日比 -2.92 -0.30% 売買高 31,405口 売買代金 76.1億円 ●TOPIX 終値 814.13 前日比 -5.14 (…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

急反発

NY高の流れを受けて急反発となる。ただ、出来高からは東証REIT指数が1000をブレイクしていく再上昇につながる強さは感じられない。 4月18日 〇東証REIT指数 974.74 前日比 +16.88 +1.76% 売買高 34,903口 売買代金 83.1億円 〇TOPIX 終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買い手控え続く

買い手控えムードが続く。東証REIT指数は、後場売りを吸収できず下げる。前日と逆で、株式の方がREITより下値抵抗力を発揮する形となる。東証REIT指数はこのあたりで、踏ん張ってもらわないとテクニカル的に崩れてくるが・・・。今月の決算発表銘柄も分配金は底堅く推移しているようなので、先高期待は継続している。 4月17日 ●東証RE…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

横ばい

様子見ムードで盛り上がりに欠ける。後場高く始まるがすぐに弱くなる。東証REIT指数は引けにかけて下げ幅縮小し、ほぼ横ばいまで戻す。日銀の買いは株式のみで、比較的底堅さが発揮されているか。 4/16 ●東証REIT指数 966.81 前日比 -1.32 -0.14% 売買高 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

反発

海外株上昇、北朝鮮問題通過で反発となるが、自律反発の域を出ない印象。週明けも米市場の動き次第か。 4/13 ○東証REIT指数 968.13 前日比 +9.71 +1.01% 売買高 28719口 売買代金 62.7億円 ○TOPIX 終値 815.48 前日比 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後場下げる(12日)

※biglobeの不具合によりアップが遅れました。 米国高で上昇スタートするが、後場売り優勢となり株式の上げについて行けず東証REIT指数は続落となる。 4・12 ●東証REIT指数 958.42 前日比 -5.52 (-0.57%) 売買高 25,652口 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more